東京都作業療法士会 地域の医療・保険・福祉の貢献
ニュース
研修案内
求人情報
トピックス
会員手続き
生涯教育制度
東京都作業療法士会
福祉用具情報
SIG・その他団体研修会案内
作業療法士とは
Q&A
SIG団体一覧
お問合せ
[事務局]
住所:
〒160-0022
東京都新宿区新宿5-4-1
新宿Qフラットビル501
電話:
03(6380)4681
FAX:
03(6380)4684
E-mail:
メールを送信する
郵便局振込口座番号:
00100-9-564030
日本作業療法士協会
生涯教育制度
生涯教育制度・都士会の取り組みについて
生涯教育制度
生涯教育制度は、作業療法士としての自己研鑽を継続するための「生涯教育基礎研修」と、作業療法の臨床実践、教育、および管理運営に関する能力を習得するための「認定作業療法士取得研修」、高度且つ専門的な作業療法実践能力を習得するための「専門作業療法士取得研修」に分かれています。
ページトップへ
生涯教育基礎研修・現職者共通研修(旧新人教育プログラム)
全部で10テーマ(1テーマ90分)あり、都士会では毎年開催しています。
1年ですべてを修了する必要はなく、テーマ毎の申し込み・履修ができます。
他県士会での履修、スカイパーフェクトTVでの履修も可能です。
1.作業療法生涯教育論
2.作業療法における協業・後輩育成
3.職業倫理
4.保健・医療・福祉と地域支援
5.エビデンスと作業療法実践
6.作業療法の可能性
7.日本と世界の作業療法の動向
8.事例検討方法論
9.事例検討
10.事例報告
これら10テーマを入会から3〜5年以内にすべて受講します(必修)。
ページトップへ
生涯教育基礎研修・現職者選択研修
現職者選択研修(旧現職者研修)
身体障害領域・精神障害領域・発達障害領域・老年期障害領域のうち少なくとも2つの領域(1領域につき90分×4コマ)を受講する研修です。
1領域につき90分×4コマ
現職者共通研修同様、他県士会での履修も可能です。
現職者選択研修(旧現職者研修)
下記の4領域のうち少なくとも2つの領域を受講します。
(1)身体障害領域
(2)精神障害領域
(3)発達障害領域
(4)老年期障害領域
協会入会時より3年から5年以内に、すべての必修研修を修了します。
ページトップへ
生涯教育基礎研修・自由選択研修(基礎ポイント研修)
OT学会や士会学会、協会・士会主催の研修会、ポイント対象団体の学会・研修会などを受講したり、発表することでポイントを修得します。5年間毎に50ポイントを修得します。「認定作業療法士」の申請・継続に必須です。
<OT協会・士会主催の学会、研修会等のポイント数>
○参加(90分以上〜1日):2ポイント
○参加(2日以上):4ポイント
○発表:1発表につき2ポイント
○講師(90分以上〜1日):2ポイント
○講師(2日以上):4ポイント
※発表・講師は加算となります。
<OT協会・士会主催以外の学会、研修会等のポイント数>
○参加(90分以上〜1日):1ポイント
○参加(2日以上):2ポイント
○発表:1発表につき1ポイント
○講師(90分以上〜1日):1ポイント
○講師(2日以上):2ポイント
※発表・講師は加算となります。
<その他>
○機関誌「作業療法」投稿論文:1論文につき4ポイント
○事例報告登録制度への登録:公開中の1事例につき4ポイント
○臨床実習指導①:2〜5週間程度の実習につき2ポイント
○臨床実習指導②:6〜8週間程度の実習につき4ポイント
生涯教育基礎ポイント付与申請書類はこちらからダウンロードしてください。
生涯教育基礎ポイントシール申請
ページトップへ
基礎ポイント対象団体
基礎ポイント対象団体とは、(社)日本作業療法士協会サイトの生涯教育制度内の「基礎コースポイント対象学会・研修会などの主催団体等一覧」に掲載されている団体です。
一覧に無い団体については、会員が申請し、
1.会員20人以上の専門職集団で、
2.会則に則り、
3.継続的に学術活動が行われている
ことが都士会で認定できればポイント対象団体となります。条件を満たすことがわかる資料(会員名簿・定款もしくは会則・研修会開催等の実績・団体代表者・事務局または窓口)を都士会事務局に送付してください。都士会理事会で検討し、結果をお知らせします。
ページトップへ
生涯教育基礎研修修了申請および更新申請
現職者共通研修と現職者選択研修を受講し、かつ5年間で自由選択(研修)50ポイントを取得した時、協会に対して生涯教育基礎研修修了申請を行います。申請に対し、協会からは5年間の有効期限を示した生涯教育基礎研修修了証が交付されます。申請に対して交付される修了証は認定作業療法士研修の受講と認定作業療法士の申請・継続に必須の条件です。
ページトップへ
認定作業療法士取得研修
「認定作業療法士取得研修」は教育、研究および管理運営に関する一定の能力を習得し、すぐれた臨床実践力および作業療法技術の伝達能力を備えた「認定作業療法士」になるための研修です。「認定作業療法士」になるためには「教育法」「研究法」「管理運営法」の3講座と「認定作業療法士選択研修」の内2講座以上を終了することと、協会の事例報告登録制度に3事例を報告することが必要です。
ページトップへ
認定作業療法士申請
下記の要件を満たしたとき、認定作業療法の申請が行えます。
○協会会員歴、士会会員歴および臨床実践経験が通算5年以上
○「認定作業療法士共通研修」3講座修了
○「認定作業療法士選択研修」2講座修了
○3事例の報告(「事例報告登録制度」を利用)
○生涯教育基礎研修修了または更新後5年以内であること
申請には申請書とともに以下の書類の提出が必要です。
(1)作業療法士免許証の写し
(2)5年間の実務経験の証明書
(3)協会会員証(申請時年度)の写し
(4)生涯教育制度手帳受講記録
(5)事例報告3例の写し
(6)所属する士会における会員歴証明書
都士会会員歴証明書の発行については、当ホームページ「その他のご質問・お問い合わせ」よりご連絡ください。
ページトップへ
認定作業療法士更新申請
下記の要件を満たしたとき、認定作業療法士の更新申請が行えます。
認定作業療法士更新申請は認定証に示された有効期限内(5年間)に行う必要があります。
(1)基礎研修ポイントの取得(更新申請時点の直近5年間に50ポイント以上)
(2)認定作業療法士臨床実践2例以上(申請時には原本のコピーを添付する)
(3)後輩育成指導経験・社会的貢献合わせて10回以上(公文書の写しまたは参画を証明するものを添付する)
ページトップへ
専門作業療法士取得研修および認定申請
専門作業療法士についての詳細、認定申請手続き・書式等の詳細および専門領域に決められる要件は協会ホームページを参照してください。
ページトップへ
プライバシーポリシー | リンク | お問合せ
2012 © Tokyo Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.