講演会・研修会・学会情報

2019年3月21日

他団体主催

環境のみかた&活かし方 -より良い作業療法実践を目指して-

イベント詳細

開催日 2019年5月6日
開催場所 横浜市健康福祉総合センター 8F会議室 (横浜市中区桜木町1-1)
参加資格 作業療法士,作業療法学生(領域,学年は問いません)
参加費 作業療法士 5,000円 作業療法学生 2,000円
定員 40名
問い合わせ uottip456@gmail.com
申し込み uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
⦅メール記載内容⦆
件名:2019年5月6日参加申し込み
①氏名 
②所属 
③連絡先メールアドレス
イベント分類 支部その他
開催内容 テーマ:環境のみかた&活かし方 -より良い作業療法実践を目指して-
主催:臨床実践に役立つ理論研究会
開催日:2019年5月6日(月・祝)  10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
内容:人間が環境から影響を受ける存在だという考え方は作業療法で用いられる様々な理論において広く見られ,環境は重要なものとして位置づけられています.例えば,人間作業モデルでは人は環境の影響を受けて相互に作用し合いながら、人間の作業活動をダイナミックに変化するとされています,カナダ遂行モデルでは,人は作業を通して環境と交流すると同時に,人が作業をすることで環境に影響を与えるとしています.また,ICFでは環境は促進因子にも阻害因子にもなるものとして扱われています.
今回は,午前は作業療法に用いられる環境に関するいくつかの理論ついて共通な部分や,特徴的な部分を概観し,午後は理論をOTの介入にどのように結び付けていくかを考えていきたいと思います. 

講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)
PDFデータ PDFをダウンロードする
ページトップ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。