講演会・研修会・学会情報

2019年10月5日

他団体主催

【東京】基礎研修 上肢の《機能解剖》と《触診・ROM-ex》の基礎を学ぶセミナー(SIGなし)

イベント詳細

開催日 2019年11月16日 〜 2019年11月17日
開催場所 東大島文化センター (東京都江東区大島8-33-9)
参加資格 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(学生を除く)
参加費 8,800円(税込)
定員 30名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)
問い合わせ 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp)
申し込み 詳細・お申し込みはこちらから
》》https://is.gd/Sa0SKC
イベント分類 支部その他
開催内容 新人、若手セラピストの多くが壁にぶつかるのは、
「評価ができない」ことと「可動域の改善ができないこと」とよく耳にします。
 
患者さんや利用者さんの目的に向かって介入をしていきますが、


問題となっている関節や筋肉に対して
【どのようにアプローチ】したら良いか分からなかったり、

そもそも問題となる関節と筋肉を同定するために
【どのように評価】したら良いか分からない


ということはありませんか?




実際、

「機能解剖を座学として勉強はしたけども、
実際の患者様において、動作にどう関係しているのか
自分のアプローチにどう活かしたら良いのか分からない」

こんなことが感じている若手療法士が沢山います。


 
本講義では、

「実際の臨床場面の評価に活きる機能解剖」と
「介入をするための触診とROM-exを行うためのポイント」を

座学と実践を交えながらお伝えします。


 
ぜひこのタイミングを、
自分なりの評価、介入の仕方などを身につけて頂く機会にして頂ければ幸いです。


 
[ 内 容 : 機能解剖の基礎編 ]
■ 上肢の機能解剖~前腕~
■ 上肢の機能解剖~上腕から肩甲帯~
■ 上肢の機能解剖で抑えるべきポイント
■ 上肢代償動作の評価方法
■ 上肢代償動作への一部介入方法



[ 内 容 : 触診とROM-exの基礎編 ]
■ ROM-exの考え方・基礎
■ ROM-exの実施のポイント
■ 上肢の触診のポイント・実践
■ 上肢のランドマークの見つけ方
■ 上肢の関節運動の引き出し方
 
※ 機能解剖編のみ・触診ROM-ex編のみでの申込みも可能ですが、両日の受講をお勧め致します。




*お申し込みの前に参加規約を必ずご確認ください。申込をされた時点で同意されたとみなします。
ページトップ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。