講演会・研修会・学会情報

2019年11月1日

他団体主催

第5回クリニカル・クラークシップに基づく 作業療法臨床教育研究会

イベント詳細

開催日 2020年2月9日
開催場所 首都大学東京 荒川キャンパス 182(大視聴覚室)
参加資格 作業療法教育に関心のある方 
参加費 会員2000円、非会員3000円(当日に会員申し込み可 年会費3000円)
定員 100名
問い合わせ 会員2000円、非会員3000円(当日に会員申し込み可 年会費3000円)
申し込み 件名に「第5回CCS研究会申し込み」、本文に①氏名,②所属,③メールアドレス,④経験年数,⑤主な領域(身体,精神,発達,高齢,養成校など),⑥臨床実習指導経験の有無,⑦懇親会(参加,不参加,保留)を記載の上,下記のメールアドレスにメールでお申し込み下さい。

クリニカル・クラークシップに基づく作業療法教育研究会事務局
ccs_ot_education@yahoo.co.jp
イベント分類 支部その他
開催内容 大会テーマ「CCS方式臨床実習と学生評価」
日時:令和2年2月9日(日)13時00分―17時00分(受付開始12時30分〜)
場所:首都大学東京 荒川キャンパス 182(大視聴覚室)
教育講演:小林 正義氏 (信州大学 医学部保健学科)
 『精神科領域作業療法臨床実習でCCSを定着していくために必要なこと』
実践報告:臨床教育者の視点から学生の評価を考える
リレートーク:養成校教員の視点から学生の評価を考える
伯母 治氏 (帝京平成大学)
務台 均氏 (信州大学)
野村 健太氏 (目白大学)
参加費:会員2000円、非会員3000円(当日に会員申し込み可 年会費3000円)

臨床実習も養成教育の一つである以上、学生が学んだ結果を客観的に判断しなければなりません。今回は「学生評価」に焦点を当て、教員・臨床教育者といった、異なる立場の様々な視点から、学生評価について一緒に考えましょう。
PDFデータ PDFをダウンロードする
ページトップ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。