講演会・研修会・学会情報

2019年12月28日

他団体主催

OBP2.0とCAODの実践について~作業に根ざした実践理論と作業機能障害の種類と評価~

イベント詳細

開催日 2020年1月12日
開催場所 イムス横浜国際看護専門学校
参加資格 神奈川県作業療法士会員で今年度会費納入済みの方
神奈川県外作業療法士会員も参加可能
神奈川県士会未入会で今回入会希望の方は入会の案内をいたします。
参加費 2000円
定員 80名
問い合わせ 神奈川県作業療法士会事務局
ken-ot@kana-ot.jp
キャンセルの場合は
1231gakujutukensyu@gmail.com
申し込み 申込方法は、 https://fs223.formasp.jp/n699/form18/ このフォームにご入力下さい。
イベント分類 支部その他
開催内容 テーマ:OBP2.0とCAODの実践について~作業に根ざした実践理論と作業機能障害の種類と評価~
日時:2020年1月12日(日)受付12:30 講義13:00~16:45
講師:寺岡睦先生(吉備国際大学保健医療福祉学部作業療法学科 講師)
申込期間:2019年11月15日~2020年1月11日
概要:昨年度、日本作業療法協会の作業療法の定義が改訂され、今後作業療法士は、より「作業」について考えを深めていかなくてはいけないと思います。臨床においても、対象者の「作業」について問題を同定し介入することや、その結果を客観的に示していくことが作業療法士に求められます。そこで、本研修では理論・哲学的研究を基に実践的理論であるOBP2.0や作業機能障害の評価であるCAODの提唱者である寺岡先生をお招きし、いまさら聞けない基本的な「作業」の考え方から評価介入と、その結果を客観・定量的に評価する方法まで幅広くご講義いただく予定です。若手からベテランまで多くの方の参加をお待ちしています。
ページトップ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。