講演会・研修会・学会情報

2022年1月12日

都士会主催

令和3年度 東京都作業療法士会地域包括ケア対策委員会研修「訪問作業療法の今と未来 ~制度や現場から見えてくる、地域で求められる作業療法を考える~」

イベント詳細

開催日 2022年2月16日
開催場所 ZOOMによるオンライン
参加資格 東京都作業療法士会会員
参加費 無料
定員 80名
問い合わせ 東京都作業療法士会地域包括ケア対策委員会
chiikihoukatsu.tokyo@gmail.com
申し込み 下記URLまたはQRコードよりお申込み下さい。
https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=5238587945919649&EventCode=P761606590
イベント分類 都士会主催
開催内容  地域包括ケアシステムの中で、作業療法を展開していくこと、地域支援事業に作業療法士が関わっていくことを難しく考えていませんか?今回の研修では、年々増えている訪問での作業療法を中心に制度のことや『地域』の捉え方、『地域』を見据えた訪問作業療法について、実践事例の紹介も含め、皆様にお伝えします。

<プログラム>
18:45〜 受付開始
19:00〜 開会、オリエンテーション
19:10~ 『訪問作業療法に関する概要や制度』
       講師:(株)東京リハビリテーションサービス 取締役 竹中佐江子氏
20:00~ 『症例報告・訪問リハビリテーションの実際 〜多様な事例を通して〜』
       講師:山王リハビリ・クリニック 上原亮介氏
20:40~ 『今後求められる訪問作業療法の展望』
      登壇者によるディスカッションと参加者からの質疑応答
      竹中佐江子氏 × 上原亮介氏 × 今井悠人(地域包括ケア対策委員会委員)
PDFデータ PDFをダウンロードする
ページトップ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。