講演会・研修会・学会情報

2022年8月10日

支部その他

区西北部地域リハビリテーション支援センター豊島病院主催研修会:がんのリハビリテーション診療最前線~エビデンス&プラクティス

イベント詳細

開催日 2022年9月28日
開催場所 オンライン開催
参加資格 区西北部在住・在勤のPT・OT・ST等のリハビリ職
参加費 無料
定員 100名(先着順)
問い合わせ 東京都立豊島病院患者・地域サポートセンター地域連携支援グループ
区西北部地域リハビリテーション支援センター 本橋・波多野 Tel:03-5375-1234(代)
申し込み チラシ掲載のQRコードまたはURLの申し込みフォームよりご登録ください
イベント分類 支部その他
開催内容 日時:2022年 9 月 28 日 (水) 1 8 :00 ~ 19 30
会場:オンライン開催 Zoomを使用)
講師:辻 哲也先生(慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室教授/腫瘍センター リハビリテーション部門 部門長)
座 長 :中島 英樹先生 (東京都立豊島病院 リハビリテーション科 部長)
《講師より》
がんは疾病対策上の最重要課題として対策が進められ、がんが“不治の病”であった時代から、“がんと共存”する時代に様相が変わりつつある。がん患者が生存している間の生活の質をしっかりサポートしていく、いわゆるサポーティブケアがますます重要になってきており、その一環として、がんのリハビリテーション診療も重要な役割を担う。
がん患者では、がんの進行もしくは治療の過程で、様々な機能障害が生じ、移乗動作などの起居動作や歩行や日常生活動作に支障をきたし、QOLの低下を招いてしまう。これらの問題に対して、症状の緩和や二次的障害を予防しつつ、機能や生活能力の維持・改善を目的としてリハビリテーション治療を行うことは重要である。がん患者に対するリハビリテーション医療のニーズが今後さらに高まることは間違いない。がん医療とリハビリテーション分野の架け橋となるリハビリテーション科医やリハビリテーション専門職が増えていくことを切に望んでいる。
本講演では、がんのリハビリテーション診療の歴史を振り返るとともに、最新の知見をもとに エビデンスとプラクティスを解説する。
PDFデータ PDFをダウンロードする
ページトップ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。