講演会・研修会・学会情報

2022年8月25日

他団体主催

【OT限定】ADL訓練の目的と具体的介入法 【移動・食事編】

イベント詳細

開催日 2022年9月18日
開催場所 〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1ゆめおおおかオフィスタワー内 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
参加資格 作業療法士
参加費 8,690円(税込)
定員 24名
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp
申し込み HPよりお申込み
>>>https://lts-seminar.jp/otadl/
イベント分類 支部その他
開催内容 OTのリハビリは思っているより忙しい!

ADLをよりよくするためにやるこOTができることはとは上肢機能はもちろんのこと、ADL全般として

トイレ動作
食事動作
更衣動作
入浴動作
整容動作
等様々な動作の訓練を行います。

これらの動作訓練をもっと効率的に行いたいと思いませんか?
もちろん動作を修得するには繰り返しの訓練が必要です。

例えば、朝起きてから何をしますか?
朝起きて

ベッドから起きるのか?
布団から起きるのか?
で起き上がりのADL訓練の方法が変わります。

また

寝返ってから起きるのか?
うつ伏せになって起きるのか?
柵を使って起きるのか?
そのまま真っ直ぐ起きるのか?
はたまた起こしてもらうのか?
と起き上がり方によってもその方法は様々あります。

なのでOTの行うADL訓練は「この状態にはこの方法」といった画一的なものは存在せず、対象者の機能、能力、環境に合わせて、OT自身が考えて行う必要があります。

この考えるのが難しいんです。

考えられるようになるには何が必要か?

考えられるようになるには

動作に必要な要素
その人にとって必要な環境と情報の受け取り方
の2つが必要です。

例えば食事動作であれば、

食事動作に必要な

頭頸部
上肢
下肢
の動きの要素を知る必要があります。

またその動きを発露するために現在の環境をどう捉えているか? を

環境設定
情報の受け取り方(視覚、聴覚、触覚など)
が必要です。

今回のセミナーではこの動きに必要な要素に対する介入方法、環境に合わせたADL訓練の方法をお伝えします。













講習会詳細

内容
AM 【ADLにつなげるために 〜移動編〜】
・朝起きてからどうするか?
・どのように移動するか?
・動線を考えてみる
・導線に必要なもの、不必要なもの
・家に帰ってイメージする環境は?
・環境へのアプローチ方法

PM 【ADLにつなげるために 〜食事編〜】
・利き手に麻痺を呈した患者さんに対して「食事ができるため」にどんなリハビリを提供するか?
・食事に必要なポイント
・食事へのアプローチ方法
・道具の操作(フォーム)
・食物を運ぶ(地域差、感覚など)
・手を伸ばす
・口元に持っていく
ページトップ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。